人気ドッグフードランキングトップ5!選び方も解説!


家族に迎え入れたばかりの可愛い愛犬に美味しいドッグフードを食べさせてあげたいですよね。たくさんあるドッグフードの中から、ランキングトップ5を紹介します。選び方についてもぜひ参考にしてください。

 

ドッグフードの種類

ドライタイプ

ドライタイプのドッグフードは、保存性が良く日持ちをすることが特徴です。持ち運びにも便利で、旅行へ一緒に行く時や災害時の利用にもおすすめです。栄養価が高く少量でもしっかりと栄養を摂ることができますが、肥満気味の場合は食べすぎに注意しましょう。
水分量が少ないので、水分を一緒に摂れるようにする必要があります。小型犬やシニア犬の場合、丸呑みして喉に詰まらせてしまわないか、気にしてあげてください。

 

ウェットタイプ

ウェットタイプのドッグフードは、水分を多く含んでいます。ドライフードよりも消化が良いので、子犬やシニア犬など咀嚼が難しい子も食べやすいでしょう。
素材の匂いを強く感じるため食いつきが良く、食欲が落ちた愛犬にもおすすめです。
商品によっては高脂肪の物もあるため、あげすぎないように気をつけましょう。
開封前の保存期間は長めに設定されていますが、開封後は日持ちがしないので注意が必要です。

 

セミモイストタイプ

セミモイストタイプはドライタイプより柔らかく、ウェットタイプよりは水分量が少ないドッグフードです。
個包装になっているため持ち運びには便利ですが、その分価格も高くなっています。
柔らかさを保つために合成保存料や食品添加物が使われているので、気になる場合は原材料を確認する必要があります。

 

 

おすすめドッグフードランキング1:モグワン


株式会社レティシアンが愛犬の食いつきと健康を考えて開発したドッグフードです。着色料・香料不使用で作られています。

 

おすすめポイント

 

イギリストップレベルの工場でヒューマングレードの原材料を使い、素材にこだわって作られています。良質なタンパク質を配合し、グレインフリーな栄養バランスの良いレシピもポイントですね。

 

口コミ

グレインフリーのモグワンお試ししてみたら食いつきが全然違くて!こちらに切り替えてみたよ。

引用先URL:https://www.instagram.com/p/B9tVjdRpghB/

 

 

おすすめドッグフードランキング2:カナガン


世界中の愛犬家から絶賛されているイギリス産高級ドッグフードです。元は小さなペットショップオーナーが真の高品質を求め開発しました。日本ではプレミアムペットフードを専門に扱うレティシアンが販売しています。

 

おすすめポイント

 

高品質な放し飼いのチキンが50%以上含まれた、高タンパクなドッグフードです。グレインフリー、無香料・無着色に加え、全犬種・全年齢に対応しています。
ペット先進国イギリスの中でも特に評価の高い工場で生産され、一袋ごとに製造番号が入っているのもポイントです。

 

口コミ

カナガン愛用歴3年です。
時々ご飯が切れてしまい、別のフードをあげることがあるのですが、カナガンからご飯が変わると全く食べてくれません!
これからもずっと愛用していきたいと思います。沢山の種類のドックフードがありますが、カナガンは本当にオススメです^_^是非試してみて下さい!
侑希様・MILKちゃん(チワワ・5歳)

引用先URL:https://www.canagandogfood.co.jp/cart

 

 

おすすめドッグフードランキング3:このこのごはん


わんちゃんが健康に、末永く生きるために安心して食べられる物をという想いで開発された
ドッグフードです。人間も安心して食べることができる材料を使い、開発時にはスタッフが何度も実食を重ねたといいます。

 

おすすめポイント

 

小型犬の健康維持を目的としていますが、シニア犬まで対応できる総合栄養食のドッグフードです。保存料、酸化防止剤不使用で人工添加物も使っていないのも嬉しいポイントです。

 

口コミ

ずっとご飯を食べてくれなくて困っていました。色々なドッグフードをためしましたが初回は食べるのですが2、3日で食べなくなります。すがるおもいで「このこのごはん」をあげてみると食べてくれました。そのままよりお湯をかけた方が喜んで食べてくれます。もっと早くこのエサに気づけばよかったと思いました。 安全な材料で安心してあたえられます。とても感謝しています。
やぎーぬ様・はなちゃん(ミニチュアダックス・2歳)

引用先URL:https://konokototomoni.com/shop/product/konokonogohan/

 

 

おすすめドッグフードランキング4:ブッチ


全ての原材料は、環境規制が世界一厳しいニュージーランド産の物を使用しています。ウェットタイプのドッグフードで、全犬種、オールステージ対応です。

 

おすすめポイント

 

人工添加物フリー・グルテンフリーで作られています。水分含有量は生肉と同じ70%もあり、愛犬にストレスを与えることなく消化吸収をしてくれるのも嬉しいポイントです。

 

口コミ

こてつもButchはじめました〜。食いつき全然違うくてビックリ。また舌が肥えるわ〜(笑)見てこの笑顔。

引用先URL:https://www.instagram.com/p/CGUuXJ6DzEY/

 

 

おすすめドッグフードランキング5:ナチュロル


健康寿命ケアを意識して作られた「ナチュロル」は、ペット栄養管理士と共同開発されました。人間が食べても安心・安全な100%無添加のドッグフードです。

 

おすすめポイント

 

全犬種・全年齢対応に作られ、世界で初めて安定・持続型ビタミンCを配合したドッグフードです。国内生産なので新鮮さを保ち、無添加100%を実現しました。

 

口コミ

いろいろなドッグフードを試してみて、ぜんぜん食べてくれなかったので毎日手作りフードをあげていました。 そんな時にドッグランで一緒になった人にナチュロルは食いつきがスゴイと、教えてもらって半信半疑に試してみたところ、食べてくれた!他のドッグフードは依然として食べてくれませんが、ナチュロルだけは喜んで食べてくれます。
東京都女性・マカロンちゃん(トイプードル・5歳)

引用先URL:https://reason-why.jp/articles/reviews/

 

ドッグフードの選び方5つの選び方

選び方1:年齢

愛犬の年齢ごとに、必要な栄養素や量は異なります。成長期の子犬や活動期の成犬であれば高タンパクのフードが良いでしょう。シニア犬は活動量が低いので、カロリーを抑えた良質のタンパク質が必要です。
年齢ごとに種類分けされているドッグフードもありますが、全年齢対応の良質なドッグフードであれば、量を調整することで対応できるように作られています。
愛犬の好みに合った、良質なドッグフードを選ぶことがおすすめです。

 

選び方2:原材料

犬の主な栄養源はタンパク質です。雑食性もありますが、動物性のタンパク質が一番大切で、胃腸への負担も少ないといえるでしょう。
スーパーなどで手軽に購入できるドッグフードの原材料には「〇〇ミール」や「〇〇エキス」と記載されている場合があります。これらは本来であれば破棄をする部分を、粉やエキスにしたものが使用されている可能性があります。注意して確認をすることが、愛犬の健康のためにはおすすめです。

 

選び方3:添加物

添加物とは食欲を増進させるため人工的に香りや味を添加するための物です。また、長期保存のためにも使用されます。一見メリットのようにも見えますが、自然本来には無い物です。愛犬の健康のためには原材料にこだわり、無添加のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

選び方4:グレインフリー

もともと肉食である犬は、穀物類をうまく消化できないといわれています。消化できたとしても穀物類が原因でアレルギー症状を引き起こす可能性があります。また、愛犬の消化器官へ負担を与えてしまうこともあるでしょう。
原因不明の体調不良がある子や、アレルギー経験がある子にはグレインフリーのドッグフードを試してみることもおすすめします。

 

選び方5:粒の大きさ

ドッグフードによって粒の大きさは様々です。小型犬は小粒、大型犬は大粒とイメージしがちですが、一概にそうとはいえません。
粒のドッグフードは小粒でも大粒でも丸呑みしてしまうこともあります。丸飲みした粒がきちんと消化できていない様子なら、小粒に変更してみるのも良いでしょう。良質のドッグフードは消化吸収が早いので、多少大粒でも良質のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

 

ドッグフードをあげる量、タイミングは?

ドッグフードの量は年齢や体重によって量が変わります。パッケージ裏面に記載があるので参考にし、決まった量をあげてください。記載された量を1日2回にわけてあげるのがおすすめです。一般的に朝食・夕食として、お散歩の後にあげるのがベストです。
肥満気味の子や痩せ気味の子は、パッケージ通りではなく、その子の状態に合わせて調整が必要です。かかりつけの獣医師さんに相談するのもおすすめです。

 

 

ドッグフードの値段と品質について

メーカーもブランドも種類豊富なドッグフードですが、その価格も様々です。
原材料にこだわりがない場合は大容量で手頃な価格の物はたくさんあります。しかしそういったドッグフードは、価格を抑えるために、粗悪な原材料や添加物がたくさん使われている場合があります。
ヒューマングレードの原材料を使った安心・安全、そして無添加のドッグフードではどうしてもコストがかかり高額となります。原材料にこだわる場合は価格面も考慮しなければなりません。

 

 

まとめ

愛犬のための人気ドッグフードランキングトップ5をご紹介しました。安心・安全な原材料を使用したドッグフードを選ぶことは、大切な家族と永く過ごすためには必要な選択肢の一つです。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード