モグワンドッグフードの口コミやおすすめポイント、お試し価格は?


健康系のドッグフードとして知られているモグワン。累計販売数100万個を突破しており、SNSで見かける方も多いのではないでしょうか。今回はそんなモグワンの特徴やおすすめポイント、注意点、口コミなどをご紹介します!

 

 

モグワンドッグフードの特徴は?


モグワンドッグフードは、株式会社レティシアンが2年かけて開発した「食いつき」と「健康」にこだわったドッグフード。全犬種・全年齢に対応しています。

 

動物性タンパク質を50%以上含み、野菜やフルーツも盛りだくさん。健康志向な飼い主さんにはぴったりのドッグフードが「モグワン」です。涙やけや目やになど、健康に心配がある愛犬には一度試してみたいですね。また食いつきにもこだわっているため、少し痩せてきてしまっていたり、食欲が減ってきてしまっている愛犬にもおすすめ。モグワンが開催した試食会では、97.8%の犬が食べたのだそうです。

 

穀物が入っていないグレインフリーというのもモグワンの特徴の1つ。犬は穀物を消化するアミラーゼが少ない上、穀物をすり潰す臼歯がありません。そのため、穀物が含まれていると内臓に負担がかかったり、肥満の原因になることも。胃腸が弱い場合や軟便が気になっている時にも、モグワンを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

モグワンドッグフードの原材料と成分は?

 

原材料

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

 

成分

タンパク質:30%
脂質:12%
粗繊維:3%
灰分:8%
水分:8%
NFE:39.00%
オメガ3脂肪酸:1.18%
オメガ6脂肪酸:1.63%
リン:1.06%
カルシウム:1.40%
エネルギー(100gあたり):363kcal

 

 

モグワンドッグフードを与えるメリットは?

モグワンのメリットはなんと言っても健康志向であること。原材料は、人間が食べられることを意味するヒューマングレードです。着色料や香料は使用していません。

 

チキン生肉と、ヨーロッパ産の生サーモンが含まれており、動物性タンパク質は50%以上!血液や骨、内臓など犬の体を作るのに欠かせないタンパク質がたっぷり含まれているので、健康志向の方にはとてもおすすめです。その他にも、犬が若々しさを維持するココナッツオイル、リンゴ、ミネラルやビタミンを含む海藻なども含まれています。

 

原材料は、欧州ペットフード工業会連合FEDIAFが掲げる基準をクリアしたイギリスのペットフード専門工場で品質をチェック。工場から直輸入して届けられます。原料は低温加熱調理され、輸送中の温度管理も徹底。原材料のこだわりはもちろん、品質管理も細やかに実施されています。

 

 

モグワンドッグフードの注意点は?


モグワンのエネルギー量は100gあたり363kcal。少しカロリーが高めです。粒の大きさは10mm以下と小粒なために、食べ過ぎてしまうことも。中型・大型犬は特に食べ過ぎて肥満になってしまわないよう注意が必要です。小粒がゆえに満足感が得られにくいのも難点です。

 

タンパク質が多く含まれている分、飼い主にとっては匂いが気になることも。しかしチキンやサーモンの香りは犬にとっては食欲をそそるもの。食いつきも良くなるので、人工香料を使っているよりも健康的です。モグワンは健康志向を追求するため、合成酸化防止剤も入っていません。その分日持ちはしないので、保存方法も注意しましょう。

 

また、モグワンは市販のドッグフードよりは価格が高め。毎日あげるには少しコスパが悪いと考える方もいるかもしれません。普段使用しているドッグフードと併用するなど、工夫して使用するのもおすすめです。

 

 

モグワンドッグフードの口コミまとめ

良い口コミ

口コミ1

おめめうるうる
鼻アップ
ころんのおめめ事情
涙やけがひどくて鼻のまわりびちょびちょ真っ黒になってたんだけど、ごはんをモグワンに変えてからちょっとずつ涙が減ってきたよ〜
やっぱりグレインフリーの差は大きいんだね
もりもり食べていつまでも健康でいてね

引用元URL:https://www.instagram.com/p/B95_kmxplhu/?utm_source=ig_web_copy_link

 

口コミ2

メインのドッグフードをモグワンに変えてみました!
食いつきも良く、今のところ満足してます
特にうんちのニオイとかも気にならないかな、という感じです
涙やけ改善すれば良いなあ

引用元URL:https://www.instagram.com/p/CDAjEsIB_ow/?utm_source=ig_web_copy_link

 

口コミ3

我が家わずっとモグワン
とらが全然ご飯食べなくて、ドッグフードの成分調べてたらモグワンにたどり着きました
穀物入ってないし人間も食べれるグレードの食材
良いもの食べて育ってね
(高いけど、、)笑

引用元URL:https://www.instagram.com/p/CFynNX5j6G9/?utm_source=ig_web_copy_link

 

悪い口コミ

口コミ1

合う合わないがある
15才ダックス  体調を気遣いネットの広告で食べさせて見たところ、半分なくなったくらいから便が柔らかくなり、2袋目で毛の艶がなくなってきました。食事?と最初はどうしたものか悩みましたが、もとのドッグフードに戻したら便も毛艶も戻りました。合わなかったようです。

引用元URL:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RTIK33ACL16XG/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01M0M9EQ7

 

口コミ2

うちの子には合わない。
全く食いつかない。
アレンジしてもダメでした。

引用元URL:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R20I76VU1JV0M8/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01M0M9EQ7

 

口コミ3

それぞれかと…
初日は食べていましたが、次の日から食べなくなりました。犬種やそれぞれの個体差があるのではないかと思います。良い品のようですが、価格が割と高いので今後は少し考えたいと思います。

 

引用元URL:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPHIOG1LC8HN9/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B01M0M9EQ7

 

 

モグワンドッグフードの保存のコツは?


賞味期限は開封後3ヶ月、冷暗所での保存となります。モグワンは人工保存料を使用していないためドッグフードの中では賞味期限が短め。賞味期限を過ぎてしまわないよう、計画的に使用しましょう。袋にはチャックが付いているので、チャックで閉めることが可能です。

 

冷暗所とは、直射日光が当たらず涼しい場所のこと。温度は1~15℃と言われています。冷蔵庫は風通しがない上、温度が低過ぎてしまいます。冷蔵庫の中でも3~8℃と比較的温度が高めな野菜室は冷暗所として活用できそうです。その他にも、床下収納や暗所を作ったベランダなども保存場所として適しています。

 

空気や湿度、光に触れると酸化が進んでしまいます。夏場は特に2ヶ月と賞味期限が短くなります。商品が届くときは、未開封で1年程度賞味期限があるものが送られてきます。

 

 

モグワンドッグフードの定期購入コースについて

モグワンは1袋ずつ購入する「単品購入コース」と「お得な定期コース」、2つのコースがあります。申し込み方法はネット、電話、FAX、注文専用ハガキから。

 

定期コースでは価格が最大20%OFFに。6個以上購入した場合、通常価格3,960円のところ3,168円になるそうです。(税抜)また、3個以上まとめて購入すると送料・代引き手数料も無料になります。ドッグフード用のスクープもプレゼントしてもらえます。定期コースは買い忘れを防ぐこともできるのでお得ですね。

 

 

モグワンドッグフードのお試しサンプル、100円モニターは?

モグワンを初めて利用する方であれば、定期コースで購入すると初回の1袋が半額の1,980円(税抜)となります。また、「100円モニター」を開催していることもあるようです。こちらは先着順でモグワンを100g試すというもの。1?2日程度しか食べられず、体調の変化を見るには少し少ないかもしれません。

 

お申し込み後は3日?1週間後に届きます。次回のお届け日の7日前までに連絡すればコースの変更やキャンセルも可能です。

 

 

モグワンドッグフードとカナガンとの違いは?


同じ株式会社レティシアンが販売しているということで、比較されやすいモグワンとカナガン。カナガンはチキンを50%以上含んでおり、タンパク質がたっぷり。モグワンがタンパク質30%、脂質12%のところ、カナガンはタンパク質が33%、脂質17%です。

 

一方、モグワンはオメガ3脂肪酸が1.18%とカナガンの0.90%よりも多く含まれています。モグワンには海藻やサーモンが含まれており、ここからオメガ3脂肪酸を摂ることができるからです。オメガ3脂肪酸は犬が体内で合成できないもので、健康維持やコレステロールのバランスを維持するのに重要な脂肪酸。

 

運動量が多くタンパク質がたくさん必要な犬にはカナガン、より健康を意識したい犬にはモグワンなど、犬の特徴や今必要な栄養素に合わせて使い分けるのがおすすめです。

 

 

まとめ

食いつきと健康にこだわったドッグフード・モグワン。メリット・デメリットがありますが、何より大切なのは愛犬に合うかどうか。愛犬の健康状態や普段の生活、好き嫌いによっても向き不向きがあるかと思います。愛犬の状況に合わせて、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード