ドッグフードのおすすめの選び方と人気ランキング5選!


ドッグフードを選ぶとき、何を基準に選びますか?価格や素材、食いつきの良さや粒の大きさなど色々あると思います。たくさんあるドッグフードの中から何を基準に選ぶのか、おすすめの選び方と人気ドッグフードについてまとめてみました。

 

おすすめのドッグフードの選び方

ポイント1:種類

 

ドライタイプ

ドッグフードと聞いて最初に思いつくのはドライタイプではないでしょうか。ドライタイプは水分をほとんど含まないため、長期保存が可能で、旅行や災害時などでも持ち運びに便利です。また、ウェットタイプと同量比較すると栄養価が高くコスパがいいのも特徴です。
少量でも必要な栄養摂取ができるので、食の細い子などには助かりますね。その分、肥満気味の子には注意が必要です。また、水をあまり飲まない子には水分補給の工夫が必要になります。

 

ウェットタイプ

ウェットタイプのドッグフードには水分が多く含まれています。そのためドライタイプに比べると大幅にカロリーカットができます。また素材の匂いが強く残っているので、食いつきが良いのも特徴です。消化しやすいので、胃腸の弱い子や子犬、老犬、また歯周病などで歯を失ってしまった子にも安心してあげられます。開封後は冷蔵保存で保存期間も短いので、早めに食べきらなければなりません。また、栄養価に偏りがあるものもあるので「総合栄養食」と表示されたものを選ぶようにしましょう。

 

セミモイストタイプ

ドライフードのように形を保ちながらも、水分量を残して軟らかい食感を実現しているのがセミモイストタイプです。持ち運びがしやすいので扱いやすいですが、しっとり感を保ったりカビを抑制したりする目的で、添加物が使われているので注意が必要です。

 

ポイント2:原材料

ドッグフードの原材料として、動物性たんぱく質が一番多く含まれていることが理想的です。成分表は含有量の多い順に記載されるので、確認しやすいですね。そこで気をつけてほしい点は、いわゆる「4Dミート」と言われる、食用には適さず廃棄処分されるはずのものを粉末やエキスにした材料を使っていないかという点です。「〜エキス」や「〜ミール」などと書かれているものは、こういうものが使われているかもしれないので気をつけたいポイントです。

 

ポイント3:添加物

人の食事でも、賞味期限を延ばす目的で添加物が使われますが、ドッグフードにも同じことが言えます。賞味期限が長くなるのは助かりますが、添加物使用の規制について、人とペットとでは違いがあります。発がん性が疑われるために人の食べ物では使用禁止となっているのに、ペット用では使用可能となっているものもあります。こういう事を考えると、愛犬に長く健康でいてもらうためにも無添加のドッグフードはおすすめです。

 

 

ポイント4:グレインフリー

グレインフリーという言葉を聞いたことがありますか?グレイン=穀物という意味で、不要な穀物類を使っていないということになります。犬はもともと穀物類を消化するのが苦手です。全ての穀物類が悪いわけではありませんが、特に苦手なものや、量が多い場合には消化不良やアレルギーの原因になります。消化できたとしてもアレルギーが出ることもあるので、体調不良やアレルギーなどを起こしやすい敏感な子には、グレインフリーのフードがおすすめです。

 

 

ポイント5:年齢

ドッグフードによって、「子犬(パピー)用」「成犬(アダルト)用」「老犬(シニア)用」というようにステージで分けられているものと、「全年齢対応」のものがあります。それぞれのステージで必要な栄養素の量やバランスが違います。例えば、子犬や成犬は高たんぱくが必要ですが、老犬になると活動量が減ってくるので、カロリーを抑えた質の良いたんぱく質が必要になります。プレミアムドッグフードと呼ばれる良質の全年齢対応のものであれば、ステージを気にせずにあげられるのでおすすめです。

 

ポイント6:粒の大きさ

ドライフードには、大きく分けて「小粒」「中粒」「大粒」と3つのサイズがあります。身体のサイズに合わせて選ぶことが多いかもしれませんが、食べ方や体質、体調などを考えて選んであげることをおすすめします。丸飲みしやすい子は消化に負担がかかるので、かみ砕くようにあえて大粒を与えることも考えられます。歯がない子などは丸飲みをするので、小粒にするか、ふやかすなどしてあげることもあります。基本的に、良質のフードは消化が良いので、良質のフードを選んでおくと安心ですね。

 

 

人気ドッグフードランキング1位:モグワン


「お家で丁寧に手作りした栄養満点でバランスの良い愛情ごはん」を目指して、日本人スタッフとイギリスの専門家たちによって開発されたドッグフードです。シンプルな原材料なのでトッピングアレンジも楽しめます。

 

おすすめポイント

 

健康的で食いつきの良いフードを目指し、ヒューマングレードの良質な素材を使って、高たんぱく、グレインフリーで作られています。動物性たんぱく質は、たっぷり50%以上!野菜やフルーツもしっかりブレンドされています。

 

口コミ

わんずご飯はモグワン。色々調べて色々試した結果モグワンに定着。
グレインフリー無添加チキン、サーモン50%以上使用ヒューマングレードSランク
我が家は5頭いるので1袋1.8キロを毎月8袋注文(笑)
5頭全員が食いつき抜群(ヨダレ)ヨダレダラダラ

 

引用先URL:https://www.instagram.com/p/CF9ftKdnttP/

 

 

人気ドッグフードランキング2位:カナガン


イギリスで誕生した、犬が大好きなチキンがたっぷり配合された高たんぱくなフードです。開発者自らグレインフリー生活を送り、コンディションの良さを実感してグレインフリーを採用したそうです。

 

おすすめポイント

 

香料や着色料は使わず、高たんぱくでグレインフリー。ヒューマングレードの素材にこだわり、高品質な放し飼いチキンを使ったり、オメガ3脂肪酸、野菜やフルーツのほか、海藻やハーブも配合されています。

 

口コミ

フードをカナガンにしてからゆるかったうんち(ウンチ)が改善したのでずっと続けています。
ちょうど今日届いたカナガンと撮影。
箱から出すときは自分の大好きなご飯が届いた〜、と横で尻尾を振ってます。

引用先URL:https://www.instagram.com/p/B8lqBSwBjbT/

 

 

人気ドッグフードランキング3位:このこのごはん


小型犬に合うドッグフードとして、健康と食いつきにこだわって作られた国産のフードです。小型犬が食べやすい小粒サイズですが、凝固剤を使わず作るため一つ一つの形がいびつなのが特徴的です。ビール酵母が使われているのも他にはないポイントです。

 

おすすめポイント

 

ヒューマングレードの原材料を使い、国内生産。九州産のささ身と鶏レバー、長野県産の鹿肉、静岡県産のまぐろをバランスよくブレンドし、高たんぱくで低脂肪に作られています。野菜やフルーツ、海藻類もたっぷりとブレンドされていて、グルテンフリーで保存料不使用です。

 

口コミ

涙やけがすごくて(2枚目の写真)ごはんで治せるかな??と思い、ご飯を変え、2ヶ月経ちました!
確かに涙やけの症状が良くなりました!!
そして無添加と言うところが優しい。
こ?飯も美味しいみたいでよく食べます
(食べてる写真はないけど)オススメです。

引用先URL:https://www.instagram.com/p/CF_y7KsHwah/

 

 

人気ドッグフードランキング4位:ブッチ


ランキングの中では唯一のウェットタイプです。規制の厳しいニュージーランドで国産にこだわって国内生産されています。フィルムタイプのかわいいパッケージが特徴的で、ウェットタイプなので食いついもいいフードです。

 

おすすめポイント

 

新鮮で安全なヒューマングレードの原材料を、その日のうちに工場で製品化しています。無添加でグルテンフリー、生肉に近い約70%の水分含有量で、高たんぱく低カロリーにできています。動物性たんぱく質は最大92%!必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6も配合されています。

 

口コミ

頂きました!!
すんごい美味しそうなドッグフード。
脂っこさ一切なし嬉しい無添加
スヌープ君贅沢になりますな。

引用先URL:https://www.instagram.com/p/BLTIeyAhhp_/

 

 

人気ドッグフードランキング5位:ナチュロル


ペット栄養管理士とともに健康寿命を考えて開発されたドッグフードです。100%無添加にこだわり日本国内で生産されています。低温フレッシュ製法を採用していて、消化の良さに加え乳酸菌効果で愛犬の胃腸をサポートします。

 

おすすめポイント

 

健康な免疫力を維持するのに効果的と言われているビタミンCを、世界で初めてドッグフードに配合しています。安定・持続型ビタミンCが1000mg/kg配合されています。グレイン&グルテンフリーで、選び抜いた原材料を使用しています。

 

口コミ

皮膚炎&痩せのリッキー。
フード変えたら一気におハゲが治ってきたー!!
そして、超偏食だったエイミーもそのフード食べてくれた?!!
けどリッキーじゃなくて、エイミーが丸くなりましたね 笑

引用先URL:https://www.instagram.com/p/CBUh5WMhz5q/

 

 

ドッグフードをあげる量、タイミングは?

ドッグフードをあげるときの適正量は、パッケージの裏側に書かれている量を参考にしてください。フードによって適正量が違っていて、また体重や年齢によっても違ってきます。新しいフードに変えた時は、最初に適正量をしっかり確認したほうがいいですね。あくまで一般的な量なので、痩せ気味の子や肥満気味の子は、様子を見て量を調節してあげることも大切です。パッケージに書かれているのは1日の量なので、これを2回に分けてあげるのが理想的で、朝夕のお散歩ですっきりした後にあげるのがおすすめです。

 

 

ドッグフードの品質と値段の関係について

色々あるドッグフードは価格にもかなり差がありますね。高ければいいというわけではないですが、良質な素材や無添加にこだわると、どうしてもコストがかさみます。原材料にこだわらなければ安価なものはたくさんありますが、そういうものは粗悪で安価な原材料を使い、添加物で保存期間を延ばしてコストを抑えています。不要な穀物を多く使ってかさ増しをしているものもあります。安心・安全で良質なものにこだわるほど、価格が上がる傾向にあることは覚えておきたいですね。

 

 

まとめ

ドッグフードの選び方のポイントと、おすすめのドッグフードをまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか?元気で長生きしてもらうためにも、毎日の食事は大切です。愛犬に合ったドッグフードを見つけてあげてくださいね。

 

 

 



愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドッグフード